資格試験 建築士

建築士とは、建築士法(1950年(昭和25年)5月24日法律第202号)に拠って定められた国家資格。建物の設計、工事監理等を行う技術者であると定義されています。

年1回行われる建築士試験に合格し、管轄行政庁(国土交通大臣または都道府県知事)から免許を受け、名称を用いて設計、施工などの業務を行う者を言います。

建築士には、一級建築士、二級建築士、木造建築士また、一級建築士の試験を受けた資格取得者でなければ設計できないもの、二級建築士・木造建築士資格取得者が設計できるもの等と規定されています。
建築設計を行う者の中で、とくに作家性・作品性を持つ者を、建築家と言われていて、日本では一般に、受賞歴のある者や著名な作品を設計した者を特に建築家と呼び、ほとんどは一級建築士の有資格者です。

しかし、自らは建物のコンセプトや空間デザインを手がけ、設計実務は建築士の資格を持つスタッフに任せる、というスタイルの「建築家」も存在するのも事実。

資格試験の受験資格については、専門教育を受けていない場合、二級建築士の受験資格を得るのでさえ7年以上の実務経験が必要です。が、専門教育を受けている場合はその程度に応じて必要な実務経験期間が短縮されます。
また建築士試験の合格率は以下のとおりです。

・一級建築士 2005年(平成17年) 学科合格率25.0% 製図合格率30.3% 総合合格率11.1%
・二級建築士 2005年(平成17年) 学科合格率33.2% 製図合格率54.5% 総合合格率23.3%
・木造建築士 2005年(平成17年) 学科合格率74.5% 製図合格率74.4% 総合合格率53.6%

学歴や実務経験等で受験資格が制限されている試験にも関わらず、一級建築士試験は合格率が低く、難関であるといえる試験です。

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。